永野十 個展『間に来た人~TOP SECRET~』特設サイト 2018年8月18日、8月19日開催

2018年8月18,19日
永野十 個展
『間に来た人~TOP SECRET~』
@Bijuu Gallery

最新ニュース

2018.4.25
追加作品2点、アップしました。
2018.4.15
ボランティアスタッフ募集中。詳細は下記に。
2018.3.12
作品展示点数が追加2点(全22品)増えました。
2018.3.9
永野十 個展「間に来た人~TOP SECRET~」当サイトオープンしました。
当個展についての新しい情報は随時更新します。
2018.3.8
お問い合わせをメールのみに限定いたしました。
2018.3.7
永野十 個展「間に来た人~TOP SECRET~」特設サイト仮オープン!

挨拶

「間」
そこには間違いなく、人が感じる物語の答えがある

存在という時間。時間の正体とは何か?それは必然か?見るということの本質とは?

現在≪いま≫という時制、そして実際の空間に存在し、実体を持つ【間】を創ったもの。クリエーターという仕事を通して作者本人が感じてきた時間の秘密をこの世界に問う。今回で4回目となる永野十個展では、「間」という概念をテーマに、想像力を喚起させる鏡あるスペースで二日限りの奇跡の空間としてアイデアアート/現代写真/音楽インスタレーションを提示する。実在/不在の人間の真の姿を間脳的に探り、新しい先駆的次元のアートを垣間見れること。これを機にあなたの中で何かが始まる事になる。

展示作品紹介↓

プログラム

1.Guerniga

逃げるか、追うか。
逃げられるか、追われるか。

聞くか、聞かないか。

捕まえて。束縛。
捕まらず。自由。

終始一貫。

墨、アクリル、板
2016

2.Sound Mountain

実際に塵を積もらせて、山にするには、どれだけの時間が掛るか想定した作品。数字に誤魔化されない実体を持つことの意味。

写真
2015

3.境界線

びわ湖の動画を20分間のループで流す作品。あいだにある間、隙間。魂の故郷、自然の延長のなかに外在する水。

動画
2018

4.秘密

この作品は当日まで非公開。当日会場の鏡の奥の間にて展示。隠された真実とは何か?神社や神棚のような源。

ミクストメディア曼荼羅
2018

見どころのある作品群を展示

5.詩逢わせ

※6月頃に当サイト及び展示会場で公開予定。

右から読めば純愛なる絆。
左から読めば悲恋なる自由。

解説:
永遠を選んだ君の強さに。
別れを選ばせた君の優しさに。

恋に落ちることは運命を時には変える。
情熱に身を任せ、彼女は彼の花となり、
高く昇り続ける鳥は人間となる。
ときの流れに憶いはせ、夏の夜の夢。

詩、紙、アンティークBOX
2017

6.試合

本当のゴールの見つけ方。ゴールは何かのスタートでもある。その判断を下すのが無意識。自分を変える方法は達成が不可能と思えるゴールを目指すべきという助言と共に。誠実に生きた10年後の自分はどうなってるかあなたは想像出来ますか?過去は必ずやり直せるし、未来は創り出せる。その間に今がある。とある仕合せ。

2018

展示作品

7.一瞬を繋ぐ

夢に出てくるあるがままの半裸の女性。
人と人の間にある空気。
加工したグラフィック、額
2018

8.極楽浄土

就寝中の己の内部世界と死んだ後の世界の間にある共通点。この世、あの世。生と死の世。死とは折り返し地点である。生とは今である。
板、鉛筆、額
2017

9.綱網

ネット。空間、間、余白。現実は見るだけではなく、創るもの、その先の向こう。
ペイントしたネット
2018

10.祀り

玉手箱、もしくはパンドラ箱を現代風にアレンジ。 現在へ贈物。
箱、紙、鋏、石、置物
2017

11.手

作家自身がよく見る夢を描いた。蓬莱から比良にかけての湖岸、天岩戸があり、西近江七福のひとつ、寿老人の神社でもある猿田彦命の白鬚神社の近くにある海水浴場と謎の女性。
油絵、キャンバス
2018

12.宝

作家個人蔵のコレクションである作品をインスタレーション化。向きを変えることによる引き算足し算掛け算割り算を鏡の世界の中で導く。
既製骨董品、布、十字架
2018

13.BIG EGO

この作品は当日まで非公開。展示会場にて初公開。
ヒント:白いエレキギターと?。弦とネックと。
ギター、?、服、帽子
2018

14.818

この作品は当日まで非公開。展示会場にて初公開。見るということ、夢は年を追うごとに、絶え間なく過去へと記録されながら。一張羅と?と湖畔。

ヒント:後ろの正面。映すということ。進化するハイパーメディア、未来映像空間。
写真
2018

15.来た人

鶴と亀、空間の存在。
鍵と錠をモチーフにしたフラッグ。
旗(フラッグ)2枚
2017

16.あなた

U字のネオンライト作品。自由意志次第な自分とは。
ボックス、ネオンライト
2018

17.TSURU+CAME

鶴をイメージした服と亀の写真。服の各部、裏側にはマーガレット等のワッペン付。
オリジナル服と写真
2017

18.音楽WOMBUSH
「LONG HAIR」

期間中、会場はWOMBUSHの永久持続的な静かな音響サウンドに包みこまれます。自然の中に存在する鶴の恩返しをアンビエントモチーフにしたサウンド。
2018

19.木

同じ題材で現物の木と写真を展示いたします。
精神性霊性の高揚。陽気。
木、風船、写真
2018

20.HUVA

架空の物語「HUVA」に登場する血吸うキャラ「ハンプティーバンプティー」。もうひとつの未知数なキャラ「アメマ」は個展にて公開予定。
解体した額、紙にデザイン
2018

見に来ないと解らない。

残り2点は会場にて公開。

全、22作品を展示予定。

コンセプト

テーマ

存在という時間。時間の正体とは何か?

現在≪いま≫という時制、そして実際の空間に存在し、実体を持つ【間】を創ったもの。クリエーターという仕事を通して作者本人が感じてきた時間の秘密をこの世界に問う。

Bijuu Gallery 会場内の作品の展示裏側(鏡の奥)も展示鑑賞いただけます。
アート作品、写真作品、インスタレーション作品、服、映像作品、立体作品、音楽あらゆるメディア作品が館内に点在します。

作品の販売ついて

購入できる展示作品は、2、18 のみ販売可能となっております。館内にいる作家本人かスタッフに声をおかけください。

オリジナル音響体験

当日は期間中、会場で流れているWOMBUSHの音源「LONG HAIR」(※ここでしか入手できないオリジナルCD(1,200円相当)を販売しております。この機会にぜひ、お買い求めください。数量限定のため、定数に達し次第、販売終了。

注意事項

・展示作品には触れないでください。
・館内混雑の際にはお待ち願うことがあります。

開催場所

Bijuu Gallery

600-8019 京都市下京区木屋町通四条下ル船頭町194 村上重ビル 地下1階

永野十 個展『間に来た人~TOP SECRET~』について

永野十 個展『間に来た人~TOP SECRET~』は、永野十の作品:アイデアアート/現代写真/音楽インスタレーションの鑑賞機会を提供する総合現代美術展覧会です。芸術の創造とその発展を図ることを目的に、主に2008年から定期的に自主の個展が開催されています。未発表の作品に加え、新作品を中心に、優れた芸術の鑑賞機会を提供します。このたび、京都開催が決定。文化芸術の創造・発信拠点として古都の伝統を守り、生まれ変わり続ける京都を舞台に、京都、しいては日本でこれまで以上に芸術への関心を高め、芸術の更なる創造と発信に資することを目的に開催いたします。

存在という時間。時間の正体とは何か?見るということの本質とは?

現在≪いま≫という時制、そして実際の空間に存在し、実体を持つ【間】を創ったもの。クリエーターという仕事を通して作者本人が感じてきた時間の秘密をこの世界に問う。今回で4回目となる永野十個展では、「間」という概念をテーマに、想像力を喚起させる鏡あるスペースで二日限りの奇跡の空間としてアイデアアート/現代写真/音楽インスタレーションを提示することで、実在/不在の人間の真の姿を間脳的に探っていく。

永野十

アクセス
京都駅からタクシーで10分
阪急「河原町」駅から徒歩1分
京阪電車「祇園四条」駅から徒歩4分
開催概要

概要

名称 永野十 個展「間に来た人~TOP SECRET~」
開催期間 2018年(平成30年) 8月18日(土)~8月19日(日)[2日間]
開催時間 11:00~19:00(日曜日最終日は11:00~18:00)
会場 Bijuu Gallery 京都 (地下一階)
入場料金 ¥500円、申込不要
主催 間に来た人実行委員会
開催期間 2018年(平成30年) 8月18日(土)~8月19日(日)[2日間]

作家本人より、連絡事項

・館内での写真撮影・模写ならびに万年筆・毛筆などの使用はお控えください。
・展示作品には触れないでください。
・館内での飲食および長傘の持ち込みはお断りします。
・館内への危険物およびペットなどの動物(身体障害者補助犬を除く)の持ち込みはお断りします。
・館内混雑の際にはお待ち願うことがあります。

永野十について

永野十
Anonymous Creator / Intelligentdesigner 謎を解くAIロボット
Anonymous Creator / Intelligentdesigner 謎を解くAIロボット
永野十について

Artist

表象と観念の交差に関する視覚的な思考と様々な原型を作品化、イデアアートへと変換させて、文化の構造を検証するアーティストである。

音楽企画・個展三部作など
洒落言葉から見立てる作風で注目を浴び

既成概念を紐解く作品を数多く発表。
幾多のアーティストや学者に影響を与えている。

ブランド「CROSSORC」、ソロユニット「WOMBUSH」なども。

CV

1981 滋賀生まれ
2005 成安造形大学造形学部造形美術学科卒業
   関西在住 

One-Person Exhibitions:
2018 間に来た人 -TOP SECRET-,Bijuu Gallery,京都
2015 ROCK STEADY&TIME IS MONKEY~,祇園 空 鍵屋1F/2F,京都
2010 八八八~POWER OF HOLYMOUNTAIN~,MEDIA SHOP,京都
2008 I, 町家ギャラリーCROSS,京都

他、グループ展、プロジェクトなど多数。

++++++++++++++++++++

Music Event主宰:GOLD「  」
2013 〇,anteroom meals,Kyoto
2004 卒業制作 自主企画 E.A.R.03「龍のゑ E.A.R.」,三井寺,滋賀(延期)
2003 大風流 E.A.R.02「A Happy New E.A.R.」,club Metro,京都
2001 アート大風流 E.A.R.01「声聞 E.A.R.」,Artcomplex1928,cafeindependent,京都 

CV

1981 滋賀生まれ
2005 成安造形大学造形学部造形美術学科卒業
   関西在住 

One-Person Exhibitions:
2018 間に来た人 -TOP SECRET-,Bijuu Gallery,京都
2015 ROCK STEADY&TIME IS MONKEY~,祇園 空 鍵屋1F/2F,京都
2010 八八八~POWER OF HOLYMOUNTAIN~,MEDIA SHOP,京都
2008 I, 町家ギャラリーCROSS,京都

他、グループ展、プロジェクトなど多数。

++++++++++++++++++++

Music Event主宰:GOLD「  」
2013 〇,anteroom meals,Kyoto
2004 卒業制作 自主企画 E.A.R.03「龍のゑ E.A.R.」,三井寺,滋賀(延期)
2003 大風流 E.A.R.02「A Happy New E.A.R.」,club Metro,京都
2001 アート大風流 E.A.R.01「声聞 E.A.R.」,Artcomplex1928,cafeindependent,京都 

永野十の過去作品

と:LINGA

マルセル・デュシャンの「泉」にインスパイアを受けて作った作品。B.WETTという名前を書くことにより、デュシャンに対する尊敬と模倣を示した。
レディメイド、ビニール、水、ペイント
2011

HOLY CHALICE

聖杯。過去作「ABC」に対応している作品。
加工した仏飯器、折り紙
2012

WRB

美しい白赤黒のまるで高級なワインをイメージさせる、写真とも絵画とも違う印象受けるスタイリッシュな作品。https://crossorc.com/
2010

左の作品:真昼と夏至を解く。
右の作品:宇宙を爆発させ銀河を作り、惑星を回し、そしてその中に生まれた有機生命体に「心」「意識」を与えた〈源〉。ワンネスという個の私たち。
2014

前回の個展風景

第3回目の個展『ROCK STEADY』の展示風景。場所は祇園 空 鍵屋1F/2F。

2015

IDEAGRAM

記号リテラシーの覚図。主観的な悟りの形態であるが、理解してくると、様々な応用が出来ることを知るだろう。
2003

お問い合わせ
HP:https://gruidae.jp
HP:https://jeunagano.com
MAIL:Jeunagano@gmail.com

※プレスお問合せ 取材申込、掲載については広報担当までご連絡ください。
ご連絡はギャラリーには直接問い合せず、メールにて上記のアドレスまでご連絡頂けますよう宜しくお願いいたします。

間に来た人実行委員会 広報担当:仁賀